2017年05月05日

「動的平衡」

録画消化に集いて積読消化。福岡伸一先生の「動的平衡」を1日で読み切りました。
以前(このブログ遡ったら6年前でした…!)読んだ「生物と無生物のあいだ」で福岡先生には好印象を持っていたので他の本も読みたいと思っていて、古本屋で見つけた時に買っておいたものです。最近古本屋減ったけど、やっぱこういう時のためにたまには買っておくべきだよなあ。

福岡先生の本は生物学系のお話でありながらそれを難しく感じさせない文章であるところがすごい。世の中に素晴らしい学者さんはたくさんいるだろうけど、平易な文章で専門外の人にもそれをわかりやすく伝えることのできる文才を持っておられる方というのは貴重なんではないかと思います。

専門書ではないので科学者たちの紹介から福岡先生のいろんな経験などを織り交ぜたり、身近な例を紹介しつつも様々な警鐘を鳴らし、生命は川の流れの中にあって実態はその淀みのようなものだとしています。表現が科学的というより文学的で面白いです。

私自身が科学に憧れを抱く文系出身者なので特に面白いのかもしれませんが、また福岡先生の別の本も読みたいなあと思いました。(また上手いこと本の紹介もされてるんだこれが)
posted by kasumi at 20:35| * Books * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

「ベイマックス」

録画消化第2弾は「ベイマックス」。
こちらはなかなかに好みでした!

賢い子が主人公として活躍する作品って案外少ないのよね。
兄の遺したロボットとともに事件の謎を追い、ヒーローになっていく……ああでもこれ、やっぱり邦題もうちょい原題をどっかに盛り込むべきじゃなかったのかなあ。原題「BIG HIRO 6」だよ? そのまんまはちょっとダサいかもしれんけど(笑)、日本では少年と心優しきロボットだけに焦点が当てられててちょっと勿体ないような。

まあ展開的にはわかりやすかったし最後にベイマックスはぜってー帰ってくるさ!と思っててそこは予想通りだったけど、最後の最後がフレッドパパのネタで終わるのはちょっと意外だった。……でもそれも原題タイトル知ってればすんなり腑に落ちるんだけど、「ベイマックス」のラストと言われるとそこで終わるんかーい!っていう(笑)。

いやまあ、アメリカの作品にしては非常に日本的で面白かったんですよ。ベイマックス可愛いし。

アニメに限りませんが邦題のつけ方は難しいなあっていう、いい例だった気がします。
posted by kasumi at 11:34| * Animation and Comics * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アナと雪の女王」

この連休は風邪を治すべくおうちでのんびりと心に誓い、録画消化に勤しむことにしました。
でもって未だに観てなかったのかよ!と言われそうな「アナと雪の女王」、ほんとに今更ながらですが観ました。

ううーん、超有名話題作なので期待しすぎたかな。悪くはないんだけど。
ディズニーにしては悪役があんまり(途中まで)悪役ぽくなくて、世の中悪いやつもいっぱいいるんだぜっていう教訓にはなってるとは思いますが(笑)、日本アニメ中毒なものとしてはちょっと物足りなかったかなあ。小さなお子様向けにそこまで求めちゃいかんのでしょうけど。

私的にはアナにはすべての記憶を取り戻してエルサの苦しみをもっと理解してほしかったかなあとか、エルサにも素敵な人が現れて欲しかったなあとか。

まーでも、あのミュージカル調の流れを素直に楽しむべきなのかな。
観てなかったくせに歌はDLしてるし(笑)

posted by kasumi at 11:14| * Animation and Comics * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


* * * * * * * * * * * 応 援 サ イ ト * * * * * * * * * * *

lovegenshop.gif Tomorinさんのサイトです。 オリジナル「ぬりえ」をダウンロード販売されています☆


火源都 神山なおさんのサイトです。 Web漫画「BALANCER」が単行本化されました!