2017年04月16日

GHOST IN THE SHELL

実写版「GHOST IN THE SHELL」を観てきました。
この監督、アニメ版超好きなんだな。という感じの作品でした(笑)

押井監督版のみならず神山監督版をも意識してあんなシーンやこんなシーンが再現されてて、なおかつオリジナル要素もあるという感じで、実写化作品としては良くできていたほうかなと思います。
アニメや漫画を全く知らない人が見たら普通のSFアクション……なのかな。

素子の素性は今までにない描き方で、同人的言い方をすれば「捏造要素あり」な気もしますが(笑)、だからまあこの作品は2次創作の一つとして楽しめば良いのではないかと。

久しぶりにアニメ版も見返したくなりました。
posted by kasumi at 23:18| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

「シン・ゴジラ」

お盆休み終盤の今日、久々に映画館に足を運んで「シン・ゴジラ」を観てきました。
昨年秋から映画館来てなかったんだ……忙しすぎてそんな実感すらなかった……;;

それはさておき本作は予備知識全く入れずに観に行きました。この作品ならむしろ予備知識がないほうがいいかもとも思ったし、そもそも観に行こうと決めたのも連休入ってから。auマンデイ使えるわー、なんか面白そうなのないかなーと。そんな軽いノリで。ひとり映画バンザイ(笑)

結果、私の嗜好にあっておりました。ビンゴです、観に行って良かったです。もう一回観に行ってもいいかもってくらい。
庵野監督好き放題やってくれちゃってるぜいやっほう!って感じ。もう攻撃が……それぶつけちゃうのー、っていう。いや褒めてるんですよ、好きなんですよ。

庵野さんだし樋口さんだし音楽も鷺巣さんだから「エヴァ」の匂いは当たり前のように漂うんですが、私的には自分が好きなことを差し引いても「パトレイバー」の影響を濃く感じました。牧教授は帆場を思い起こさずにはいられない。

巨災対も良いですねえ、ああいうクセものたちが頑張る姿は好きだなー。
俳優さんたちも誰が出てるんだか全く知らずに観に行ったんですが、大好きな國村隼さん出てるし!平泉成さん出てるし!他にも美味しいのに見落としてる人がいっぱいいそう。

ネット上の評価は様々なようですが、私は素直に「この国はまだまだやれる」という台詞に嬉しくなったりしたんですが、単純すぎますかね? まあその辺の描写に対する受け止め方は様々あって良いかと思いますが、純粋に怪獣対自衛隊(およびその他諸々)を楽しんじゃっても良いのでは?と思います。
ただあんまり小さなお子様にはちょっと怖いし難しいかもしれないかなあ。


posted by kasumi at 22:41| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

実写映画版「進撃の巨人」

久しぶりにお友達と映画に行ってきました。
何を観ようか悩んだんですが、いろんな意味での怖いもの見たさ(笑)で実写版「進撃の巨人」をチョイスしました。

漫画やアニメの実写化をすれば絶対に「原作と違う!」という批判的な意見は出てくるものなので、なるべく前評判を観ないで行ったんですが……。

ひとまず印象は、想像以上に怖いというがグロいというかキモいというか(^^;
映倫区分PG12だそうですが、私的にはR15でもいいんじゃないかっていう気持ちです。グロさ的にもですがラブシーンもどうなんだろう……っていうかエレンが子持ちのお姉さんにかどわかされている……! そしてミカサとシキシマの描写もなんかエロい……?!

ま、まあ描写はさておき物語のほうですが。
言うほどひどくはないと思うんですが中途半端だなあ、と。原作キャラが出てたり出てなかったり、原作エピソードを交えてたり交えてなかったり。まあそもそも未完の作品なので物語を変えざるを得ないとは思うのですが……いっそ全員新キャラにしちゃうくらいの思い切りが欲しかったとも思うのですが、そうしちゃうとファンからの支持が得られないんだろうなあ……。
ともかく、後編でどう締めるか、が全てになってきますかね。

キャラクターはハンジさんハマってましたねえ。あと新キャラのクバルが私の好きな國村隼さんだったのは嬉しかったのです。ミカサは美人だしかっこいいしだしなんだけど、最初の登場があまりにも「普通のかわいい女の子」しすぎていて違和感が拭えず……。

んー、完結していないのでなんとも評価しがたいのですが、グロイのキモいの怖いのが嫌な人はとりあえず観ないほうが良いと思います(^^;
posted by kasumi at 21:00| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」

観に行くべきか否か、ずいぶん悩みました。
この劇場版「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」の前にシリーズで制作されたものはスターチャンネルの無料放送で1〜3章、ネットの無料配信で第7章を見ることができました。キャスティングは違和感ないし、まあレイバーが小道具に過ぎないのはアニメ版の時もそうだったのであまり気にしてもいなかったのですが、お金出してまで行く程かどうか……。

結局、絶対見たいというほどではなかったのですが、長年の付き合いになる思い入れのあるパトレイバー。来週になるともう公開終了してるかもしれないし、ちょっと最近仕事でストレス溜まってて、ひとりでぶらっと映画に行ってついでに買い物ってのも悪くないかなあ、と昨晩思い立ち、今朝いちばんの上映を観てきました。というか一番近くの劇場は土日は夜上映しかなく、次に近いところが朝いちばんか夜しかないという状況だったのでそこで朝の上映をチョイスしました。そして行ってみたらば……3人。スクリーン3人で独占(笑)。……公開初日から2週間が経っているとはいえ興行的にはやっぱ厳しいんだろうなあ。

さて、映画の中身ですが。
うーーーん。アニメ版P1,P2を思い起こさせる演出をするのは悪くないと思うんですがちょっとやりすぎ(苦笑)。エッセンス程度にしておけばニンマリって感じだったんだろうけど、焼き直しに近いことになっちゃってるもんだから笑えない。これならいっそP2の実写化にしちゃったほうがよかったかもしんない。

そして焼き直しに近いわりに、P2のような独特の空気"というか……そういうものが感じられないっていうか。これはアニメと実写の違いなのかな? たとえば街の人たちが緊急放送を見守るっていう演出はP2にも今作にもあったんだけど、そのときの独特の、じわじわ迫ってくる緊張感みたいなものが今作ではいまいち感じられず。人が死ぬ(かもしれない)というような描写は今作でも避けられていた(ように見えました)し、よくよく考えればP2でもなかったのかもしれないけど……違うんだよなあ空気が。いくら高畑さんが捉えた連中を容赦なく撃っても違うんだ。なんでかなあ……尺の長さが違うってところもあるんでしょうけど。

ただ、カーシャや高畑さんはやっぱり絵になってすごくカッコよかったです。特にカーシャ、TNGでは彼女が絵的に素晴らしい。
ヘリのアクションも良かった。イングラムはまあ……小道具ですから(苦笑)

そしてしのぶさん。彼女が出るらしいと知ったのが劇場へ私を向かわせることになった理由の一つなのですが……まあうん、押井さんの思うツボだな私(笑)。とりあえず収監とかされてるわけでなく、異国の地でも凛々しくしのぶさんであっていてくれるのなら良かったのかなあ、と。
「特車2課の遺産」ってのもまあ……そんなとこだろうなあという印象でした。


とりあえずこの映画、少なくともP2知らないとかなり厳しいと思うし、やっぱりシリーズも幾つかは見ておいたほうがいいんじゃないかなあという印象。
少なくともロボットアクションとか期待しちゃダメですね。
万人にはお勧めできません(^^;)

posted by kasumi at 21:38| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

THE NEXT GENERATION パトレイバー エピソード0〜5

先日スターチャンネルで無料放送やってたので見ました、TNGパトレイバー。

元祖のアニメ版および漫画版に青春を捧げていた私に合うのかどうか……
なんか設定見ると、ひどく自虐的というか……。レイバー自体が過去のものと化しつつある世界観になっていて、隊員たちのお荷物っぷりもひどくなっているようだし、でもそれでいて名前は酷似させていて……うーん、見て後悔しないだろうかという不安もあったのですが……

結論から言うと、悔しいけれど面白かったです(笑)

私は押井信者ってわけじゃないし、むしろ時々イヤになるときもあるんですが(笑)、でもやっぱり上手いなあと思ってしまいました。
別の作品だけど上手に過去とリンクさせていて(千葉さんの功績が大きいですが)、あーあの時の!と思わせるような演出がいっぱいで、それでいて飽きるようなこともなく、しっかりと見入ってしまってました。

アニメ(アーリーデイズ)のように軽い話から徐々に引き込んでいって、そして長編劇場版ですごい話をやってくれるんじゃないかと……つい期待してしまいます。

キャラクター的にはカーシャがいいですね! キレイでかっこよくてアブなくて(笑)。コンビニ回のアクションが映えます。

今後は隊長が楽しみだなあ、シリアス展開が来たときにどんな顔を見せてくれるのか。

……というわけで今後も楽しみです。
結局、押井監督の思うツボなオタクなんだろうなあ、私。
posted by kasumi at 22:00| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

るろうに剣心 京都大火編/伝説の最後編

2年前に最初の実写映画となった「るろうに剣心」を観て、そのキャストのはまり具合にシリーズ化されたらぜひ見てみたい!と思っていたのですが、今年ついにそれが叶いました。原作の志々雄真実との戦いの部分を描く「京都大火編」「伝説の最後編」、両方ともスクリーンで見てきました!

キャストのはまり具合は今作もお見事。志々雄の藤原竜也君は素顔がほとんど見えないですが、演技が見事。
瀬田宗次郎の神木隆之介君もはまり役。
ストーリーはやはり時間の都合で無理やり詰め込み感が否めない部分もありますが、まあそれもキャスティングのポイントが高いのでまあ良しとしておきましょう。

以下、ちょっとネタバレのツッコミ。


続きを読む
posted by kasumi at 22:16| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

地上波初放映となった「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」を観ました。

ううーん、ノリもテーマも決して嫌いじゃないんだけど、ちょっと話に無理がありすぎないかなあ?(^^; 最後のバスが突っ込むシーンとか。ってかあれCGだよね? 実写じゃない割にはなんか中途半端な感じが……。あと真下君が残念。交渉人だったころはそれなりにカッコイイと思えたのになぁ。

ただまあ、FINALとはいっても青島くんがどーなるとかこーなるとかいうんじゃなくて、これからもまだまだ頑張っていくんだよっていう終わり方なのは「踊る」らしいと思うし、青島くんとすみれさんの関係のところはすごく好きなんだけど。ベタベタラブじゃないし、FINALだからって明確にくっついちゃうわけでもなく、でもそれが良い。
あと筧さんと真矢さんが最後出てきてくれたのはちょっと嬉しい。管理官トリオ好きなので(笑)

なんだかんだ言っても娯楽が多様化している昨今、15年シリーズが続くっていうのはすごいと思います。後の作品に与えた影響も大きかったと思うし、たくさん楽しませてもっらえたシリーズです。ありがとう。
posted by kasumi at 19:51| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

実写パトレイバー概要発表

実写パトレイバーのキャストや概要が発表!
http://patlabor-nextgeneration.com/

アニメ版のリメイクは無理だろうしやってほしくないなーと言うのが私の気持ちだったので、アニメ版の後の世代っていう設定は良いのだけれど……なんか、そこまで前のキャラにこだわった設定にしなくちゃいかんのかなって思っちゃうんだけどなぁ。立ち位置はともかく、名前までそこまで無理に似せんでも。シゲさんが千葉繁さんで班長になってるのは嬉しいし素直に認めるけど(笑)。
あと第1小隊がなくなってるって……しのぶさんの苦労がっ……!(泣)

んーまぁどう転んだところでいろいろ思うところはあると思うので、あとは実際出来上がってから評価すべきかな。
1本の映画かと思いきやシリーズということだし大がかりな感じ。
アニメとは違う面白い作品になってほしいな。
posted by kasumi at 22:32| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

「るろうに剣心」(実写映画)

「るろうに剣心」観てきました!
なぜ今「剣心」しかも実写で?と最初は思っておりましたが……いやー良かった。キャスティングが原作イメージ通りで大変素晴らしかったです。ある意味佐藤健くんという役者さんが登場した今の時代だからこそ為し得た映画と言っても過言ではないかもしれないです。薫ちゃんたち他の面々も違和感なし。悪役の皆様もあの個性をよくぞここまで再現してくれたといった感じです。
アクションもカッコよかった。スピード感がすごい。VFXありとはいえ剣心のすごさの表現、これはある意味漫画やアニメよりすごかったかも。

ただ、強いて言うなら物語を2時間に収めるために少々無理させた感があったところかな。本来なら個々の面々の出会いはもっとじっくり描かれるべきところなんだけど……これはまあ時間の制約上やむをえないところ。

でもこのキャストで原作を忠実にシリーズ化してもらえたら絶対見るよ私。ていうかしてほしいんだホントに。
posted by kasumi at 23:34| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

「大鹿村騒動記」

昨日「大鹿村騒動記」観てきました。
急にお友達と映画を観ることになったので何にしようか迷った中、ベテラン俳優がたくさんな喜劇ということでチョイスしてみました。

素直に面白かったです。
駆け落ちした女房とその相手(しかも元親友)が突然戻ってきた、しかも女房は記憶障害を抱えて……とゆーとなんだかすごくドロドロな悲劇かと思いきや喜劇にしてしまうあたりがすごい。劇場でも何度も笑い声が漏れました。
ベテラン役者が揃ってて演技は全く心配なく、その中にあって若い冨浦智嗣くんがまたいい仕事してます。
客層は大分年齢層高めでしたが、若い人でも楽しめると思います。あんまり小さいお子さんはちょっと難しいかもしれないけど(^^;) 
しかも今回特別興行料金の¥1,000-で観ることができたのでお得な感じでした。予備知識とかなくても大丈夫な映画なので、「コクリコ坂から」とか「ハリー・ポッター」とかの大型夏休み映画以外で何か気楽に楽しめる1本をお探しの方にはオススメです。
posted by kasumi at 12:55| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

「さや侍」

ここしばらく落ち着いていた仕事がにわかに忙しくなり始め、ちょっとしんどくなりつつある今日この頃ですが、昨日お友達と映画&夕食&カラオケで発散してきました!

で、観てきたのが「さや侍」。
松本人志監督作品は初めて観ました。
ネット上では酷評も見受けられますが、私は予想していたより良かったと感じました。

脱藩し、逃亡を続ける父と娘。
賞金稼ぎたちから致命的なダメージを与えられたかと思いきやなんだかんだと逃れ続ける冒頭部。しかしあっさり役人たちに捉えられ、命じられたのは「三十日の業」。母を亡くし、笑うことを忘れてしまった若君を30日のあいだに1日1芸で笑わせて見せれば無罪放免、できなければ切腹。
それから1日1芸、それはもうくだらないものを見せ続けられるわけで(^^;、正直この映画ハズレなのか?と思いきや。
ラストが大変良かったです。盛大なネタバレになるのでちょっと自重しておきますが、あれやこれやがこのラストに向けての伏線だったのかと思うし、いきなり歌いだす托鉢僧に最初はポカーンだったのですがそれがいつの間にやらじーんとくるものに変わってしまっていました。

まぁ細かい突っ込みどころはそれなりにありますが、映画をはじめとするエンターテインメントは観た後の心証が何よりだと思うのです。
いやほんと、この映画で泣くとは思わなんだ。最後でやられました。良かったです。

posted by kasumi at 12:01| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

SPACE BATTLESHIP ヤマト

今日はお友達と「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観てきました!
結論を先に言うと、アニメを再放送で何度も見た私もイメージを崩されることなく、否それ以上に1本の作品としてまとまりを感じ、好印象の作品でした。

以下、ネタバレを大いに含みますのでご注意を。

続きを読む
posted by kasumi at 21:32| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

ヤマト実写化

少し前から噂にはなっていたようですが、宇宙戦艦ヤマトが山崎貴監督&豪華キャストで実写化、その名も「SPACE BATTLESHIP ヤマト」!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091003-00000030-sanspo-ent

・・・漫画やアニメの実写化は期待と不安とが入り混じります。でもVFXでおなじみの山崎貴監督で、キャストも超豪華なので製作側も気合と資金はつぎ込んでるなーとは思います。とりあえず気にはなりますねー。
私の大好きな真田さんはギバちゃんかー。うん、結構好きなのでわりと嬉しいw しかし佐渡先生と相原君を女性に変更とはこれまた思い切ったことを。やはり原作ままだとあまりにも女っ気がなさ過ぎるからか? 高島礼子さんも大好きなのでどんなキャラになるのか気になります。
全体的な配役、私は現在の俳優さんの中で選ぶとすればかなりベストな感じじゃないかと思います。
ただ気になるのは・・・デスラー。後日発表ということなのですが・・・ここをどうするかで印象が大きく変わりそう。
とりあえずどんな映画になるのか、様子を見ていきたいです。
posted by kasumi at 22:41| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

ローレライ

年末に放映されてたやつを録画してて、やっと今日見ました「ローレライ」。
福井敏晴原作、樋口真嗣監督ってことで期待して観ました。
ネット上には辛口評価も多いようですが、私としてはまずまず。・・・うん、まずまずと言うレベルで、絶賛とまではいかないかなぁ。

酷評してる方々はどうも「戦争映画」を期待してたみたいですね。そりゃ確かにそーゆーのを期待してたらがっかりするかも。この映画はそーじゃなくてSFなんですよ。私らヲタクは福井敏晴・樋口真嗣で潜水艦ものって言ったらそーゆー作品だってことを観ずとも理解するんだけど、一般の人はわかんないんだろーなぁ。しかもキャスティングがやたらゴーカだから、騙されちゃったんだろうなきっと(苦笑)。

とゆーわけでヲタクな私はまあ世界観や映像にはすんなり入れたし、キャストもやっぱ役所さんとかギバちゃんとか堤さんとか元々好きってとこもあり(スマン妻夫木くんとか若いのはあんましキョーミないんだ私・笑)違和感はなかったんですが、やっぱ少々ストーリーが苦しかったか。第二次大戦じゃなくて割り切って架空の舞台にしちゃったほうがよかったのかも・・・。フィクションの部分と史実の部分がマッチし切れなかったという印象。そのほうがすっきりSFとして楽しめたんじゃなかろーか。・・・それじゃ一般受けはしないのかもしんないけどね。

ところでこの作品にも登場され、また同じくフジ亀山P作品の「交渉人 真下正義」の映画にも出てた國村隼氏が最近好きかも。「芋たこなんきん」がいちばん有名かな?? いい味だー。
posted by kasumi at 21:27| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

ベクシル −2077日本鎖国−

久しぶりに都会の劇場まで映画を見に行きました。タイトルは「ベクシル −2077日本鎖国−」。「ピンポン」の曽利文彦監督作品で、3Dライブアニメ。・・・と言う触れ込みで、Yahooでも特集されたりしていて気になっていた作品です。というか2077年に日本が鎖国するとゆー状況が気になっちゃう。そんなわけでお友達と見てきました。でも一般的な知名度の低さと、もう公開から大分経っていることもあってか、連休中でも空いてました(汗)

以下、ネタばれあり。続きを読む
posted by kasumi at 20:55| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

[実写]笑う大天使

TSUTAYAの半額クーポン使って借りました、「笑う大天使」。
2005/2/4の記事で書いたとおり、「アクション映画」してました、確かに。・・・そこまでやる必要性があったのかどうかは・・・ですが(^^;)

続きを読む
posted by kasumi at 09:25| * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

ネメシス S.T.X

行きつけのレンタルビデオ屋さんで半額セールをやっていたので久々に借りてきました。
で、店内をうろつきながら見つけた「ネメシス S.T.X」。「スタートレック THE NEXT GENERATION」シリーズの完結編、ってことなのですが・・・

データぁ、あんたってやつは、あんたってやつは。。。(大泣)
てゆーかそんなんありですか?!>製作者の皆様

若き日のピカードの姿(クローンなんですが)はそれなりによかったのですが、データくんの結末があまりにもショックでわたしゃもう・・・
チラッとジェインウエイ提督が出てくるとかのサービスもなんか吹っ飛んじゃった。。。
posted by kasumi at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

「笑う大天使」映画化

上野樹里、サックスの次は「アクション映画」やるべ
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200412/gt2004122304.html


少し前の記事ですがネットサーフィンしてて見つけてしまいました。
川原泉さんの代表作とも言える「笑う大天使」が映画化。こりゃびっくり。
川原さんの漫画はどれもお気に入りですが、「笑う大天使」はその中でも1,2を争うもの。
あの独特の世界をどのように実写映像化するのか・・・いや、もはや忠実な再現などハナから望むべきではないのか(汗)
ううむ、期待と不安が入り混じります。
posted by kasumi at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

予告編

映画館に行くのはもちろん本編を観るためだけれども、予告編も結構楽しみ。
今日観た予告編で一番気になったのは「ローレライ」
原作の「終戦のローレライ」も気になっていながら結局読めていないのですが、予告を観てしまったらますます気になってきてしまいました。
うおー、観たいぞぉぉ。
posted by kasumi at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

踊る大捜査線2 レインボーブリッジを封鎖せよ!

先日テレビで放映されていた「踊る大捜査線2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」、録画しておいたものを今日観ました。
なんちゅーか、所轄対本店とか、小さい事件が大きな事件に絡んでくるとか、仲間が撃たれるとか、もはや「踊る」の典型パターンを今回もやってるんですが、でも最後らへんはやっぱり燃えちゃうんだな、これが。
私的には、今回冒頭からいいとこなしだった(^^;)SATの指揮官のおにーさんが最後には自分の判断で現場に来てくれたのが嬉しかったなー。青島君とのやりとりがまたv 青島君といえばすみれさんとのやりとりもいつもながら好き。微妙な関係だからこそ見てる側はいいのよね♪
逆にちと残念だったには沖田管理官。美人でカッコよかっただけにもうちょっと救いが欲しかったというか。ダメダメキャリアのまま退場となってしまったのがねー。それと吸血鬼もどうかなあ。ちょっと中途半端感が。

でもやっぱ「踊る」シリーズはおもしろい。
「交渉人 真下正義」がどんな映画になるのかやっぱ気になってしまいます。

・・・と思って。
公式サイト見てきたら「容疑者 室井慎次」なるものが!!
すげーな「踊る」ワールド。遂に室井さんメインものまで。恐るべし「踊る」。
posted by kasumi at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | * Movie * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


* * * * * * * * * * * 応 援 サ イ ト * * * * * * * * * * *

lovegenshop.gif Tomorinさんのサイトです。 オリジナル「ぬりえ」をダウンロード販売されています☆


火源都 神山なおさんのサイトです。 Web漫画「BALANCER」が単行本化されました!